2022年1月1日
その名のように明るく育って
打浪紘一さん
 光(ひかる)くん。
 新型コロナ禍の真っただ中で君は生まれてきた。じいちゃんも、ばあちゃんも、感染防止のために病院にも入れてもらえなかった。でも、しっかりしたお母さんに抱かれ、2週間後に対面できた時は、どれだけうれしかったことか。
 周りの人を明るく元気にできる子に、と名付けられた「光」という名は、とてもいいと思うよ。誕生して5カ月の君は、表情も豊かになり、特に笑い顔がすてきだ。時々、お父さんやお母さんが、君の笑顔をラインで送ってくれると、コロナで暗くなりがちなじいちゃん、ばあちゃんの気持ちが一気に明るくなるよ。コロナが終息して、心おきなく行き来できる日を、心から願っているよ。
 どうか元気ですくすく大きくなってね。そしていっぱい楽しく遊ぼうね。
 じいちゃんより。