2021年12月18日
あなたへ
麗仙さん
 くれなゐの 二尺伸びたる 薔薇(ばら)の芽の 針やはらかに 春雨のふる
 ばあばの大好きな正岡子規の歌です。あなたの生まれる日、洗濯ものを干そうと庭に出たら、明るい日差しの中からキラキラ輝く雨粒が落ちてきました。神様の祝福と思いました。ほんときれいな雨でした。雨は万物に潤いをもたらします。あなたはそんなすてきな朝の日の夕刻に誕生しました。
 よく笑い、よく泣き、お母さんのおっぱいをよく飲み、社長と呼びたいくらい堂々とした赤ちゃんに。あと10日でお正月という寒いときに一瞬春を感じさせてくれたあなたももう1歳。つかまり立ち、伝い歩き、指差して声上げて欲しいものを伝える。大きな声を出して笑う。そのうちはじめの一歩かな。
 あなたにいつでもいつまでも幸せの慈雨が降り注ぎますように。