2021年11月13日
太陽のような笑顔の息子へ
イチローさん
 太一が生まれてもうすぐ6年が経ちます。予定日から1週間ほど遅く生まれた太一。きっとママの体の中に長くいたかったのかな。生まれてすぐの時から笑顔がとても輝いていて、周りの人たちを温かい気持ちにさせてくれる、太陽のような笑顔をする子だなあと思っていたよ。だからパパの名前の一部と太陽を組み合わせて「太一」と名付けました。
 赤ちゃんの頃も、よく食べよく笑う子でママとパパは太一の元気な笑顔に元気づけられることがたくさんあったよ。特にパパの仕事が忙しくなってきてからは、仕事で落ち込んだ時に何度も太一の笑顔に助けられてきたんだよ。
 そんな太一に、少し他の普通の子達と違うところが見え始めたのは、2歳になる前の頃から。年を追うごとに言葉の遅れや、知的面での発達が遅いことが際立ってきました。それでも生まれたときから変わらない太一の笑顔や、健康優良児そのものの体の成長を見ていると、太一は他の子とは同じように成長できないかもしれないけど、太一なりの成長をこれからも見守っていこうと思っているよ。
 パパは太一の笑顔が大好きだから、これからもたくさん写真を撮ったり、いろんなところに出かけたりして、たくさん思い出を作っていこうと思っているから、この先もよろしくね。