2021年10月30日
まだ会えぬさくらちゃんへ
東京のばぁーばさん
 昨年の春に長女が東京から遠く、長崎の島原へ嫁ぎました。コロナ禍でお式を挙げる予定も立たないままの結婚でしたが、夏にうれしい妊娠の報告。世の中の状況は変わらず、里帰り出産の願いもかなわぬまま春になり、桜が満開になる中、元気な大きな女の子が無事に生まれたとパパさんから連絡がありました。
 初孫の誕生にすぐにでも駆けつけて抱っこしたい気持ちでいっぱいでしたが、遠すぎる。こちらから行けばご迷惑になる。もっと近い所に嫁がせるんだったと少し後悔もしたり...。でも、世の中便利なもので、娘が毎日画像を送ってくれる。予防接種を打ったとか、お食い初めをしたとか。時には、ビデオ通話で話しかけます。まだ、私たちを認識はしていないようですが...。いつの日か会える日が来てもきっと泣かれるかも。でも、お洋服やおもちゃをいっぱい買ってあげるからね。
 今は、それを楽しみに毎日を送っています。嫁ぎ先で可愛がられて甘えん坊になっているとか。元気に育って安堵しています。早くコロナが落ち着いてくれないと大きくなっちゃうね。
 生まれてきてくれてありがとう。