応募について

「未来への手紙プロジェクト」は、赤ちゃんが生まれた喜びを手紙に残す運動です。プロジェクトでは、赤ちゃんの手紙を募集し、その中の1通を、毎週毎日新 聞の紙面で紹介しています。選考は、この運動がきっかけとなった歌「君が生まれたあの日」を作った歌手加藤登紀子さんが行っています。
また、選ばれた手紙は歌手の加藤登紀子さんが朗読し、専用サイト(本サイ ト)で聴けるようにしています。


内容は、誕生をめぐる話、名前の意味、家族の喜び、こんな風に育ってほしいという親の願いなど何でも結構です。筆者は、父母に限りません。祖父母、父母の友達の方らの投稿も歓迎です。字数は400~600字です。

ご投稿は、下記の点についてご同意いただける場合のみ、お送りください。

送っていただいた手紙はご返却できません。大切な手紙をご自身でお控えをとっていただくようお願いします。

送りいただいた手紙は、毎日新聞及びニュースサイト「毎日jp」の「未来への手紙プロジェクト」欄に掲載されたり、FM大阪の番組「君が生まれたあの日」の番組内で朗読されることがあります。また、その後「未来への手紙プロジェクト」や関係事業などでて再度活用させていただくこともあります。

新聞紙面や放送時間などの都合で、手紙の内容の一部を省略改定させていただく場合があります。

採否の問い合わせには応じかねます。

二重投稿はご遠慮ください。

なお、投稿の際記入いただきました個人情報は、個人を特定しない統計資料の作成などで使用させていただきます。また投稿者の同意なしに業務委託先以外の第3者に開示提出することはありません。 (法令などにより開示を求められた場合は除く)

投稿された手紙などについては、プロジェクト終了後、速やかに廃棄いたします。



郵送(ハガキ・手紙)、FAXで送る(赤字は必須です)
下記の項目ご明記のうえ、ご送付ください。
(1)希望者はニックネーム、(2)タイトル、(3)本文 (400-600字)、(4)名前、(5)性別、(6)郵便番号、(7)住所、(8)年齢、(9)赤ちゃんとの間柄(父、祖父など)、(10)電話番号、(11)メールアドレス。

〒100-0004
東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル244区
公益社団法人 日本フィランソロピー協会
「未来への手紙プロジェクト」係
FAX:03-5205-7585