2020年10月17日
忘れかけていたもの
金沢智恵子さん
遠い昔 人が海からあがってきたように
赤ちゃんは お母さんの羊水の海で
泳ぎながらこの世に生まれた。

力強い産声は どんな音楽よりも感動する
それは はじめての歌 生命の歌
この世に生まれた喜びの歌

産声を覚えている人はいない だから教えてあげる
愛すること 信じること 夢をもつこと
悲しみを乗り越えること

そんな未来を覚悟して 赤ちゃんは歌ったのです
あなたは確かにすてきな声で歌ったのです。
天までとどく魂の歌を歌ったのです。
忘れないで 忘れないで 忘れないでほしい。