2020年3月28日
わたしのおなかのなかの赤ちゃんへ
榛葉智子さん
 わたしのおなかのなかで元気に動き回っている赤ちゃん、おはよう。いつもたくさん動いて、心配性のわたしに、今日も元気だよって、心配しないでって、伝えてくれてありがとう。生まれる前からとってもお母さん思いだね。
 あなたには、ほんとはお兄ちゃんかお姉ちゃんがいたね。昨年10月。待望の第1子が誕生するはずだったその月に、あなたはわたしたち夫婦の悲しみを癒すかのように、エコーに1センチほどの体をちょこっと映してくれたよね。わたしはそのときにね、赤ちゃんが、悲しむわたしたち夫婦をみかねて戻ってきてくれたのかなって思ったの。それとも、あのときの赤ちゃんに天国から見送られて、あなたは来てくれた子なのかな?
 そんなとりとめのないことを、わたしは毎日、幸せな気持ちで思い巡らせているよ。わたしにとってあなたたちを身籠もるのは、一筋縄ではいかないことでした。だけどそれってきっと、わたしにとって、とても大切なことだからなんだね。マイペースなわたしを、わたしに合ったペースで、少しずつお母さんにしてくれて、ありがとう。
 今日も、とってもとっても元気だね。