2020年3月21日
結希ちゃんへ
東京のばあばさん
 パパ、ママは結婚して7年たっても赤ちゃんができなかったのね。そこでパパ、ママは、一生懸命赤ちゃんができるよう病院に通ったの。そのたびにママは腕に注射をして、めまいがしたり、気持ち悪くなるような思いをしてきたの。そんな大変な思いを週に2~3回、1年くらい続けてきたのね。
 そしたらとうとう「○○日、出産予定だよ」とママから電話があり、ばあばも涙を流して喜んだの。予定日近くになると、ママは象のように足がむくんでしまい歩くのもつらく、ばあばも見ていて可哀そうになったの。これは少しおかしいとすぐに病院に向かい、すぐに入院しました。
 そしてついに次の日に大望の赤ちゃんが生まれました。パパもママもすごく喜びました。本当にドラマのような結びつきで、パパとママの希望で生まれてきたので、結ぶ希望で、結希(ゆき)という名前をつけました。
 今ではすくすく大きくなって4歳になりました。おばちゃんたちの子どもとも仲良く楽しく遊んでいて、皆でこれからの成長を楽しみにしているね。