2020年2月8日
我が家のエンジェル
もうすぐ小学生、楽しみなバァバさん
 孫はアンジェルマン症候群という2万人に1人の、言葉が出ない、今は歩けない障害児です。同じ仲間はエンジェルちゃんと呼ばれ、笑顔が得意な子どもたちです。
 保育園に入園した当時は、お友達に迷惑をかけないか、嫌な思いをさせないか心配でした。しかし、理解ある園長のもと、保育士さんたちがお友達といっしょにできるよういろいろと考えてくださり、お友達と楽しそうにふれあっている姿を見るにつけ、うれしく胸いっぱいになります。来年は小学生になります。今はつかまり立ちができ、両手を支えると、一歩、一歩、もう少しでいっしょに歩けると、待ち遠しいです。
 不安ないらだち、いろいろな葛藤もありますが、助けていただく多くの皆様に感謝を忘れず、両親が見守るやさしいまなざしがずっと続くよう願っています。精いっぱいの笑顔の孫に、元気をくれ、笑顔にしてくれてありがとう、の思いです。