2019年11月9日
2歳になった悠太朗君へ
我孫子のばんちゃん
 あなたが2017年8月14日、お盆のど真ん中に生まれてから2年が過ぎました。元気に大きく育ってくれてうれしいです。
 お父さんとお母さんは15年8月30日に明治神宮で結婚式を挙げました。お母さんはとっても赤ちゃんがほしかったので、あなたがおなかにできたときは大喜び! でも、お母さんのおなかの中は心配なことがいっぱいで、あなたが無事に育ってくれるかどうか心配でした。まだ小さいうちに早く生まれそうになったので、5月からお母さんは入院しました。お父さんは会社がお休みのとき、甲府から東京の病院まで通いました。
 日立のじいじとばあばは、ずっと無事を祈っていました。ばんちゃんは一生懸命「般若心経」を書いて、じんちゃんとお釈迦様に赤ちゃんが無事に育ってくれるようにお願いしました。お母さんは入院中、病院から出される食べ物以外は一切口にしませんでした。「もし赤ちゃんに何かあったら」。その意志と愛情の強さには本当にびっくりしました。
 17年8月14日あなたが生まれた日、ばあばとお父さんとばんちゃんの3人が病室で待っていると、看護師さんが「9時51分、3103㌘の男のお子さんが無事生まれました」と知らせてくださって、本当にうれしく、また、ホッとしました。
 それからあなたはずっと元気でいい子に育ってくれて、あんなにみんなが心配したことを忘れそうなので、お父さんとお母さんが、どんなに心配しながらあなたが無事に生まれてくることを願っていたかを、忘れないように書いておくことにしました。