2019年4月6日
美月ちゃんのファンです
れい子ばあちゃん
 2年前に2600グラムと、小さく生まれた美月(みつき)ちゃん。すくすく育って、3カ月過ぎには、人見知りをはじめたのにはびっくり。早く人の顔の見分けがつくのだから、頭が良いのに決まっていると、ひーばあちゃんの私は、誰かれなしに自慢して、少々うるさがられていたらしい。
 お座りができる頃には人見知りもしなくなり、いつもニコニコ顔ですね。何にたとえればいいかな、ピンクのコスモスの花がパッと咲いたという感じ。1歳を過ぎた頃からパパ、ママ、マンマと話せるようになり、2歳年上のお兄ちゃんのことは、「ニイニイ」というのよね。美月ちゃんのハイハイのスピードはものすごかった。この子は運動神経もバツグンやと、またまた自慢のタネがふえました。
 1歳半の頃よりニイニイと兄妹げんかが始まりました。ミッちゃん(美月ちゃん)が赤い車にまたがると、ニイニイが飛んで来て、ミッちゃんを押しのけようとするんだもんね。でもミッちゃんは負けてません。女の子ならここで泣くのが普通だけど、顔を真赤にして全身でニイニイに向かってゆきます。あるときは車から転げ落ちても歯を食いしばってニイニイにむしゃぶりついて行ったね。あなたは根性がある。行く末、頼もしい。
 ばあちゃんは、百まで長生きして、あなたの成長を見守りたいです。