2019年3月9日
1+新オムツ3人衆
博と潤子さん
 「オムツ3人衆よ。生まれて来てくれてありがとうね」と、未来への手紙プロジェクトに投稿してから早や2年。平成最後のお正月、ジジババんちは子連れ里帰りママが3番目の男子を出産し、「1+新オムツ3人衆」のそろい踏みになったんだ。
 まず、オムツ卒業の「1」は長男「仁誠(じんせい)」君で、満5歳になる甘えん坊の年中さん。次に控えし、共に2歳半の息子の娘で活発印の「恵」チャンと、人見知り児の次男「健晴」君。そして、3人のしんがりで誕生した「耀生(ようせい)」君。
 ジジババんちは、ママが宅配してきた大荷物と、おもちゃなどで足の踏み場もないのに朝から連日の大運動会。ババが「歳とってからの孫の世話は超超大変よ」とババ友に愚痴ったら、「それ、ぜいたくよ」「孫で大変な終活なんてかえって羨ましいわよ」とのご託宣。うう~んジジババ納得。
 でも、残念だけど共に古希過ぎのジジババは、君たちが大人にまで成長する姿は見られないかもしれない。けれど、心から「生まれて来て本当に良かった」と実感できる「素敵な人生」を歩んで欲しいと願っていますよ。
 ジジもババも「今、最高に素敵な終活中よ」と言えるように、君たちと一緒に頑張ろうと思っています。「1+新オムツ3人衆」よ。生まれて来てくれて本当に本当にありがとうね。