2019年2月23日
気長にまっているよ
としじいじさん
 もうじき3歳になる孫の悠陽(はるひ)くんだけど、まだしゃべれない。「あっ! 悠陽くんが笑顔でしゃべっている」……今まで何回も夢で見て目が覚めました。
 しゃべりたいんだろうなあ? 心の中では、しゃべってくれているんだね。パパお帰り! ママおなかすいたあ! でも、言葉が出てこないんだね。
 昨年は、夏から秋にかけノロウイルス、ロタウイルス、手足口病と立て続けにかかり、発熱や嘔吐、下痢などが続いてしんどかったね。じいじは、その都度代われるものならば、代わってあげたいと思いましたがそうもいかず、ただただ早く回復することを祈るのみでした。
 ロタウイルスの時は、パパもママもかかったそうですが、ママは自分も発熱や嘔吐が続く中、一生懸命に悠陽くんを看病してくれました。悠陽くんも「カユイ」「イタイ」「シンドイ」などと言えないのに、その小さな体で病気に耐え、よく頑張ってくれましたね。元気になったと聞いた時は、じいじはホッとしました。
 春から幼稚園に行きながら、療育で「少しずつ少しずつ」頑張ればいいんだよ。いつかきっと悠陽くんが、しゃべってくれるその日まで、皆んな、皆~~~な気長に待っていますよ。
 頑張れ悠陽くん!