2019年2月16日
小さな想ちゃんへ
えみこさん
 「ママお顔がむくんでいるね、大丈夫?」。「そうちゃん、ママのおなかの中で、もう少し大きくなってね。でも最近、ちょっと元気がないよね、大丈夫?」。病院の先生は二人の声を丁寧に聞いてくださいました。そして、ベストのタイミングで帝王切開になりました。月曜日の午前3時5分、そうちゃんは1575㌘で生まれました。小さかったですが、大きな声で元気に泣いたそうです。
 がんばったね。えらかったよ。
 ママは初対面のそうちゃんの頭をやさしくなでたそうです。部屋に帰ってきたママは心配して待っていたパパに言いました。「かわいかったよ」。
 おじいちゃんと2人のおばあちゃんは、すぐにはそうちゃんに会えませんでしたが、保育器を卒業した日曜日に新生児室のガラス越しにやっと面会できました。小さい小さいそうちゃんは、ママの腕の中で気持ちよさそうに眠っていました。パパにおしめをかえてもらって、うれしそうに足を曲げたり伸ばしたり。
 「パパ似かな」。「早く抱っこしたいね」。そうちゃん、みんなが応援してるよ、見守ってるよ。ママのお乳をいっぱい飲んで、ゆっくりゆっくり大きくな~れ。ママはそうちゃんと動物園に行きたいそうですよ。