2018年5月12日
さくらのバァバさん
ゆうかへ
 2分の1成人式おめでとう。
 覚えていますか?幼い頃、バァバが遊びに行くと、恥ずかしそうに下を向いたのを。そのくせ帰ろうとすると、大泣きするので、ゆうかの大好きなパパが帰宅するのと入れ替わりにソーッとバァバは出て来たのよ。
 七五三の3歳のお祝いをして5日目に、弟のハル君が生まれましたね。生まれつき心臓が悪かった。ハル君は、ゆうかが幼稚園に通うようになった時、手術をしました。ママは大忙しでしたね。ゆうかも、ハル君の付き添いに行くママに付いて行ったけど、病室には入れず、待合室で一人で遊んでいましたね。そんな事が何回も何回もありましたね。
 ハル君は元気になり、昨年から養護学校の1年生になりました。誰よりも小さく、まだおしゃべりもできないけど、学校大好き、皆の人気者みたいね。2人の学校行事が重なると、ママに「私は大丈夫、ハル君のほうに行ってあげて」と言う、優しいお姉ちゃんがハル君は大好き。皆もゆうかが大好きですよ。
 バァバもハル君の事できるだけお手伝いするから、ゆうかは自分のやりたい事、見つけてね。