2018年4月7日
よろしくね
檀林麻穂さん
 2017年9月13日水曜日午前1時13分、あなたは、父ちゃん、母ちゃん、父ちゃんの母ちゃん、母ちゃんの母ちゃん、母ちゃんの妹たちに見守られながら、この世界に産声を上げて生まれてきてくれました。その時、母ちゃんはホッとしたのと同時に、あなたの顔を見た途端に、顔をぐちゃぐちゃにして泣いてしまいました。
 父ちゃんも目を赤くしていましたよ。助産師さんが、狭くて暗いトンネルを一生懸命通り抜けた頑張り屋さんのあなたを、髪の毛も顔もぐちゃぐちゃな母ちゃんの隣に置いてくださった時、こんな感情はじめて。「いとおしい」と、何とも言えない胸いっぱいの気持ちがあふれ出ました。
 そのとき自然と「よろしくね」とあなたにつぶやいていたのを覚えています。
 それからのあなたは、一生懸命お乳を飲んで、すやすや寝て、今では大きなお口をあけてケラケラと笑うまでにすくすくと成長を遂げてくれています。夜、あなたの寝顔を見ながらあなたの小さな手を握って「今日もありがとう。明日もよろしくね」とそっと胸の中でつぶやくのが母ちゃんの日課です。
 これからも、どうぞよろしくね。