2017年11月11日
抱きしめたい結映ちゃんへ
鈴木モリ子さん
 結映(ゆえ)ちゃん、生まれて来てくれてありがとう。可愛い目元、口元、もみじのようなおてて。あなたのお母さんが、お姉ちゃんが、お兄ちゃんが、待ちに待っていた宝物なの。
 結映ちゃんは何も知らず、すやすやと眠って我が家へ帰ってきました。出産直後に逝ってしまったお母さんが望んでいた3人目の赤ちゃんです。結映ちゃん、あなたのなまえは、お母さんの「映子」と、結映ちゃんの絆がいつまでも離れることなく続くようにと、お姉ちゃんとお兄ちゃんが考えた最高のなまえです。
 結映ちゃん、可愛い、いとおしい赤ちゃん。ばあばは、しっかりと守り育てようと、心に決めています。あなたのみずみずしいパワーを88歳のばあばに分けてください。頑張れる気がします。
 あなたが生まれてから1年が過ぎ、6月21日、結映ちゃんのお誕生日を家中でお祝いしました。ママの写真も飾ってネ。1年間大勢の皆様に見守られ、お世話になって今日があります。こんなに大きく成長した結映ちゃんをお母さんに見てもらいたい。お母さんもさぞ見たかったと思うと、ばあばはさびしくて、無念で、可哀そうで、一人涙しています。
 結映ちゃんは、今、菜の花こども園でお世話になり、お友達と遊び、学び、たのしい日々を過ごしています。家にいてもチョッピリ悪さをしたり、ヨチヨチ歩いて愛嬌(あいきょう)をふりまいてみんなの人気者です。
 いつまでも皆様に愛される、可愛い結映ちゃんでいてください。