2017年9月30日
産声に感動
あっきーママさん
 輝(あきら)がおなかに宿ってから誕生まで、本当にあっという間でした。結婚前の妊娠発覚で、周りが認めてくれるか不安だったけど、パパはあなたのことを一番に喜んでいました。
 それからの9カ月間は、じいじ、ばあば、親戚、お友達、みんなが輝の誕生を心待ちにしてくれました。無理してはいけない妊娠初期もママは仕事で走り回ったり、重いものを持ったり、輝には苦しい思いをさせてしまったかもしれません。それでも元気に育ってくれてありがとう。
 何度もおなかの中のあなたに「会いたいよ~」と声を掛けたのだけど、聞こえたかな?。予定日を過ぎ促進剤での出産が決まり、薬頼りだとしても、やっと輝に会えると思うと、本当にうれしかった。しかし破水してしまい、「羊水も濁っていて赤ちゃんが苦しい状態、帝王切開に切り替えましょう」と。急なことについていけず、輝にも申し訳なくて情けなくて、ママは号泣。泣き虫で弱虫なママでごめんね。不安な中、挑んだ手術。輝がおなかから取り上げられ、すぐに聞こえた大きくて元気いっぱいの産声。本当に安心してうれしくてまた泣いて、涙でボヤけていたけど可愛い顔も見れて、しっかり握手もできて、本当にあの瞬間は感動で胸がいっぱいでした。
 我が子は本当に可愛い。苦しい中でも元気に生まれてきてくれてありがとう。これから、家族で楽しい思い出をたくさん作って行こうね。宇宙で1番愛しているよ。