2017年9月9日
生まれて来てくれてありがとうね
後藤博さん
 去年のお正月だったんだ。あなたのパパとママもお年始に来ていてね。ちょうど、妊娠中のパパの妹夫婦も2歳になる長男君を連れて来ていたんだ。その帰りがけ、パパが叔母チャンに「2人目の出産はいつ」って聞いたんだ。「5月末よ」と叔母チャンの回答。そして、皆が次の「それなら、うちと同じ月だあ」のパパの言葉にあぜん・ぼうぜん・大騒ぎ。だって、あなたのママは結婚15年のキャリアウーマンで、パパと同い年43歳の高齢初産。しかもパパ単身赴任中。「何それ」「どうなってんの」だったよ。
 そして、今年のお正月。じじばばの家は「オムツいとこ3人衆」のそろい踏み。この1年間はいろんなことがあったけど、あなたはママのお母さんの助けも受けながら5月25日に誕生し、それより3日早く、叔母チャンちの次男坊君も誕生。じじもばばも「孫の顔は見れないかもね」なんて言い合ってたのに、アッという間に「一姫二太郎の孫もち」になってしまったんだ。
 でも、残念だけど後期高齢間近のじじばばは、「大人」になったあなたたちを見届けられないかもしれない。けれど、心から元気で健やかに育ってくれることを祈っていますよ。世の中は、個性や多様な生き方を否定するような嫌な空気が漂ってきているけれど、「生まれてきて良かったなあ」と思える豊かな「人生」を歩んでほしいと願っていますよ。
 じじもばばもあなたたちに会えて本当にうれしい。「オムツ3人衆」よ、生まれてきてくれて本当にありがとう。