2017年7月29日
いとしいのんちゃんへ
洋子おばあちゃん
 のんちゃん、生まれてきてくれてありがとう。いとおしくて、可愛くて、まわりの人を笑顔にしてくれるあなたは、本当に神様からのプレゼントです。
 のんちゃんはのんびりしていて、予定日を12日過ぎてやっと生まれたのよ。生まれるその日までお母さんのつわりが続き、心待ちにしているみんなはとても心配しました。
 あなたには、一足先に家族の仲間入りをしたお兄ちゃんたちがいるのよ。やさしいお父さんとお母さんは、捨てられて死にかけていた2匹の猫をほっておけなくて、家族に迎え入れることを決めたの。その2匹の子猫ちゃんが、長男のポコ太君と次男の黒の介君。そう、のんちゃんのお兄ちゃんたちです。
 そして、お兄ちゃんたちに導かれるように、あなたがお母さんのところに来たのよ。でもね、お医者さまから、あなたが育つかは五分五分だと言われたの。でも、お母さんたちは、きっとお兄ちゃんたちが招き猫だから大丈夫だと信じていたんだって。その願いどおり、元気なのんちゃんが生まれたのよ。
 のんちゃんは、幸せと笑顔をいっぱい連れてきてくれましたね。お兄ちゃんたちと仲良く、すくすく育ってね。