2017年6月3日
本物の涙
お花屋さんの娘たちのママ
 今でも鮮明に覚えています。ゆりちゃんが生まれてきた日のことを。37週の健診で急に血圧が上がり緊急入院。陣痛促進剤を使って出産することに。初産のためなかなか陣痛が起こらず、2日かけて促進剤を使い、いよいよ出産。
 パパは入院してからずっとママのそばにいてくれて、出産にも立ち合ってくれました。最後の力を振り絞り生まれてきてくれたゆりちゃん。ホッとしてパパを見ると、目から涙がこぼれていました。普段は、喜怒哀楽を出すことが苦手なパパから自然と流れた涙を見て、ママはうれしくなりました。
 妹のるりちゃんが生まれたときは、特に大きなトラブルもなく、ママのお願い通り、スッと生まれてきてくれました。その時もまたパパは涙を流していました。
 今度また一人家族が増えます。弟か妹かまだわからないけど、るりちゃんもお姉ちゃんになります。ゆりちゃんみたいな優しいお姉さんになってね。
 パパの3度目の涙は見られるかなぁ……。