2017年5月6日
皆、元気に育ってね。
山本のバアバさん
 彼女とは昔、職場の同僚であった。同僚と言っても年齢が30歳ほど違ったが、なぜか気が合い、今日まで交流が続いている。
 彼女には3人の子供が居る。1人目はK君7歳。3歳頃に、うちに遊びに来てゲームをし、「1回くらい、僕に勝たせてよ」に対し「人生が思い通りにならない事を今から知った方が良い」と言って勝たせず、精神力を鍛えたつもりだったが、周りからは「大人げない」と非難された。
 2人目はNチャン3歳。生活発表会で、3匹の子豚の母ブタ役に抜てきされたのに歌わず、語らず、先生に抱っこされたままだった内弁慶さん。家ではお兄ちゃんのK君を家来に暴れ回っているというのに。
 そして3人目はAちゃん7カ月。早くお目見えしたかったのか、予定日より随分早く、その上、陣痛も早く進み、自宅マンションから、産院に向かおうとしたが、間に合わず、マンションエントランスで出産、へその緒が繋がったまま、産院入りという衝撃的なデビューを果たした。色白で、よく笑う天使のような女の子である。
 私は、この3人を孫のように思っています。また、昨今の国内外の動きを、とても不安に感じています。この3人が大人になっても平和な世の中であり続けますように心から願っています。