2017年1月21日
かいくんへ
さやかお母さん
 かいくん、もうすぐ1歳のお誕生日だね。かいくんが生まれてきてからの1年間、お母さんはそれまで生きてきた時間の中で一番よく笑っていました。
 でも生まれたばかりの頃は、かいくんはあんまり泣かないし、おっぱいを欲しがることもなく、本当によく眠っていたので、もしかしたらどこか具合が悪いんじゃないのかと心配しました。それが今では、おなかがすくと指をくわえて、ごはんを欲しがる食いしん坊になりましたね。よく食べて、よく寝て、好奇心旺盛で、家じゅうハイハイで探検するその姿は、もう生まれたばかりのあのふにゃふにゃとした赤ちゃんではなく、すっかりたくましい男の子です。
 かいくんがやって来てから、目に映るすべての景色がこんなにも美しく、明るいものだったのかと驚いています。毎日のお散歩にも新しい発見があって、そろそろ歩きだしそうなかいくんと手をつないで歩くのが、今からとても楽しみです。春になったら桜の並ぶ川岸でお花見しよう。夏になったら波打ち際でかけっこしよう。秋になったら落ち葉の上でスッテプ踏もう。そして、冬になったら雪の冷たさに笑いあおう。
 かいくんに見せたい景色がたくさんあります。かいくんに伝えたい言葉もたくさんあります。伝えたい言葉はあまりに多すぎて書ききれないけれども、今日はひとつだけ。かいくん、お父さんとお母さんのところに来てくれて、本当にありがとう。お誕生日おめでとう。