2016年9月3日
唯ちゃんへ
中野治子さん
 予定日を過ぎてもいっこうに生まれる気配もなく、元気にママのおなかを蹴っていた唯(ゆい)ちゃん。結婚して10年目でやっと授かり、期待と不安のママ。おりしも台風が近づいて来て、直撃するという日でした。
 まさかこのタイミングで陣痛がきたらどうしようと思っていたら、唯ちゃんから合図があった。早朝、暴風雨の中、おばあちゃんが必死で運転して病院へ行きました。ママが落ちついていたので、あせらずに済みました。着いて4時間ほどで生まれて、対面した時の感動は忘れられません。
 お産の時もママは落ち着いていて、先生に上手でしたと褒められましたよ。パパは連絡を受けて新幹線に乗りましたが間に合いませんでした。代わりにおばあちゃん2人が立ち会いました。
 産後2カ月余り、おばあちゃんの家で一緒に暮らしました。ママは、オッパイを飲ませたり、おむつを替えたりと一生懸命でした。おじいちゃんが1年前に亡くなり、一人暮らししていたおばあちゃんにとって楽しい日々でした。
 可愛い可愛い唯ちゃん、よちよちと歩けるようになって1歳のお誕生日を迎えます。おめでとう。生年月日にラッキーセブンの7が三つもあります。これからも健やかに成長しますよう祈るばかりです。