2016年7月16日
智音ちゃんへ
ときわのばあちゃん
 智音(ともね)ちゃん、2歳になったね。この1年は、脳の発達が著しく、言葉もたくさん言えるようになったね。ばあちゃんが「ブーブー」と言えば、「くるま」と言い直せるんだものね。
 あなたがママのおなかに宿ったと知って喜ぶまもなく、ママのつわりが始まって大変だったよ。エコー画像でまだ点のようなあなたが、あの時大きく成長しようとしていたんだね。
 そしていよいよ予定日が近くなった頃、軽い陣痛らしきものが始まり、夕方には10分おきぐらいになり、夜の10時に入院したよ。まあ生まれるのは朝になるだろうと軽く考えていたのが、2時間ぐらいで破水してママは分娩室へ。まもなくあなたの産声が……。パパも駆けつけてくれていて、じいちゃんばあちゃんと待合室で飛び上がったよ。
 生まれたばかりのあなたはまさに「赤ちゃん」の言葉がぴったりの赤いお顔の、小さな小さな壊れそうな存在でした。夜中に顔にふとんがかぶさっていないかと息を確かめたこともあったよ。けれど日々順調に体重は増えてゆき、体つきもたくましくなって、初めの心配がうそみたい。
 そして今2歳のあなたは「いやいや」と言ってママを困らせています。でもみんなにとってあなたの存在はかけがえのないもの、ひとつひとつの成長に一喜一憂しています。
 生まれて来て、ここまで育ってくれてありがとう。あなたのまわりのみんながあなたの成長を見守っているよ。