2016年5月21日
大好きな、くうちゃんへ
しげばあちゃん
 くうちゃんは5年前、ママが39才のときにやっとママのおなかに来てくれたね。でもママのおなかの中には、筋腫がいっぱいあったんだよ。しげばあちゃんはパソコンの画面をみた。ママのおなかの下の方にむけて、大きな筋腫がじゃまをしていて、帝王切開の準備をしていたんだよ。
 でもネ! ビックリしたよ!
 くうちゃんが元気で力があって、その大きな筋腫を上へ動かして、普通分娩で生まれてきたんだよ。くうちゃんを初めて見たときは、男前でなんとハンサムないい子だと胸が熱くなったよ。
 昨日も幼稚園の帰りにママと遊びに来てくれたネ。しげばあちゃんは、孫を抱けると思っていなかったし、まして手をつないだり、しげばあちゃんと呼ばれることも考えていなかったよ。くうちゃんの大好きなトーマスも、ドラえもんも、アンパンマンも大好きになってしまいましたよ。
 これからもよろしくネ!!