2016年4月16日
かわいい双子の女の子へ
小寺真知子さん
 みのりちゃん、かんなちゃん、本当に私たちのところに来てくれてありがとう。
 あなたたちの両親が、いろいろな困難を乗り越えてやっと授かった二人だから、私たち家族の喜びは、まるで年末の宝くじが当たったようなさわぎでしたよ。お母さんは、初めての子育てで慣れていないので、最初は寝られず、お乳もあまり出ないので、少しばかりベビーブルーだったけど、最近はすっかり良妻賢母に変身ですね。なにせ双子なので、お産も帝王切開だったのよ。苦しみを幸せにしてくれたのは、みのりちゃん、かんなちゃんが順調に成長しているお陰かな?
 昨年の11月で1歳を迎えた二人は、行動範囲がどんどん広がってきましたね。そしてあっという間に歩いて、すべり台に登れるようになりましたね。食欲も旺盛で離乳食にはいると、食事が足りないのか大きな目から大粒の涙をポロポロとあふれさせて、もっともっととジェスチャーするみのりちゃん。運動神経の良さをことさらアピールするかんなちゃんは、ソファの上に登ったのに降りられないと、困った顔でお母さんを見てますね。
 生まれた時から二人一緒なので、二人の時は元気百倍、でも一人になったらなんだか不安気なのかな……。二人だと悲しいことは半分、嬉しいことは2倍だから、二人でお父さんお母さんをうんと喜ばせてあげてくださいね。