2016年4月9日
80対1
勝山恵子さん
 晃(あきら)君へ  あの日から1年がたちました。少しあきらめかけていた周りの大人たちに、期待と喜びを抱えて君がこの世に顔を出してくれたのが1年前の1月29日です。君はどんな大人になっていくのかな? 見届けることができそうもありませんが、きっと誰からも好かれてすてきな青年になっていくことと思います。
 「80対1」は、晃君と私の年齢比です。80年生きている間にはいろんなことに出合いました。子どものころは戦争で食べるものも、本も、おもちゃもありませんでした。恵まれた時代に生まれ、何不自由ないのは幸せですが、心配もしています。
 晃君の人生にも、いろいろなことが待ちうけているかもしれません。どんな時にも君の名前の由来のように、明るく立ち上がって挑戦してください。
 いっぱい経験を積んで自分の糧にしてくださいね。少しお説教めいた手紙になってしまってごめんなさい。いつかこの手紙を読んでくれる日が来るのが待ち遠しいです。
 小さな手で先ほど握手をして別れました。そのぬくもりが残っていて、生きていることをうれしく思います。
 晃君も「生まれてきてよかった」と思う日がきっとくることでしょう。
 今日はお誕生日おめでとう!