2016年2月6日
あなたがくれたもの
小川雪乃さん
 ママは毎日、あなたのことが、可愛くて可愛くて仕方がありません。それ以上に、あなたのことを誰よりも尊敬しています。そして、いつもあなたに感謝しています。
 あなたが生まれてきた日。あなたは私に、何よりも素晴らしいプレゼントをくれました。ママは幼い頃からずっと、いじめられっ子でした。生まれてきたのがつらくて、生きているのが苦しくて、そんな思いに押しつぶされそうになりながら生きていました。
 あなたのパパと出会ったときは、どんなにつらくても、そのつらさを分かち合って生きていける人ができたのだとうれしく思いました。けれど、あなたが生まれた日。小さくて頼りないあなたを胸に抱いた時。私は、生まれて初めて「生まれてきてよかった」と思いました。つらくても今まで生きてきてよかった、と心の底から思えました。
 はるか、私に生まれてきた意味をくれてありがとう。私の人生に生きる価値があると教えてくれてありがとう。私は、あなたのしあわせを何よりも願っています。今日も、明日も、ずっとずっと先の未来までも、あなたがしあわせでありますように。そして、いつの日か、あなたが私のもとを巣立ち、輝かしい未来へ旅立って行く日を楽しみにしています。ありったけの敬意と感謝を込めて。