2016年1月16日
息子へ
ひまわりさん
 今回のお手紙は福島県郡山市にある「JDF被災地障がい者支援センターふくしま」の利用者からです。


 おなかにいるとき、すっごく揺れてびっくりしたよ。あなたが男の子ってわかった次の日に、地震があったんだ。いろいろ移動して疲れなかった? あんまりごはん食べられなくて、ごめんね。おなかの中で元気に育ってくれてありがとう。
 破水して、2日たっても陣痛がなかったときは、ママはすっごく心配したんだよ。点滴で陣痛をおこさせようとしているときに、あなたがおなかの中で苦しんでいると聞いて、ママはすっごく不安になったんだよ。急に帝王切開になって、ママはあなたが無事に生まれてくれるか不安だった。でも、あなたの大きな産声をきいたとき、ママはすっごくうれしかったよ。
 無事に生まれてきてくれて、ありがとう。体重3345グラム、身長49センチ。他の子より体重があったんだ。一緒に退院できてよかったね。
 でも、2カ月のとき「入院」ってなった。ママはびっくりしたよ。ミルクを飲んで、何回も吐いたから入院になった。でも、1カ月で退院になってよかったね。あなたが元気でよかった。そのあとは何にもなくて、すくすく育っているね。
 私のところにきてくれてありがとう。これからもよろしくね。元気よく育ってね。