2015年12月12日
春、お花見しましょ
まーちゃん
  4番目のあなたを授かったことをお父さんに伝えたとき、驚きとうれしさで、お父さんは後ずさりしたのですよ。けれどこれまでの道は困難を極めました。あなたも聞いていたでしょう。周囲からの荒波のような反対。お姉ちゃん、お兄ちゃんの幸せを思う人たちから毎日毎晩……。苦しかったね。お母さんもつらくてつらくて体が震えました。
 けれど、あなたは想像を超えて強かった。強く強く心臓の音を響かせ、「私は生きたいよ! お母さん」と伝えてくれた。周りの雑音に耐えられるほど、お母さんの心と体は強くない。けれどそんなへたれのお母さんの元に、強いあなたが宿ってくれた。だからお母さん心に決めたんだ。よしっ! 戦隊物のヒーローだっ! 超合金ロボットになって強くなるんだーと。
 もうすぐ寒い冬が来る。また強い荒波がお母さんとあなたを襲うかもしれない。また泣いて震えちゃうかもしれない。弱っちいロボットを、冬も守ってね。無事雪が解けて、春まで持ちこたえられたら、お花見して祝おう。
 もうすぐあなたと対面できる。大きくて弱いフニャフニャママロボットを操る、ちいさくかわいく、強靭なあなた。お母さんの出来ることは少ない。大きな塩おにぎりをつくるくらい。お姉ちゃん2人とお兄ちゃん1人、そしてあなたとみんなで、塩おにぎり、おなかいっぱいほおばりたいよ!