2015年11月7日
葵ちゃんありがとう
仲かよ子さん
 昨年9月21日の早朝、娘から「生まれた」と一言短いメール。次女が生まれた知らせでした。これじゃ、昨日か今日かわからないじゃないと思ってましたが、あとで21日の午前5時56分とわかったのです。
 予定日より13日も早く、私の誕生日と同じ! 一時は妄想で、同じ誕生日だといいなあと思っていましたが、子どものためには一日でも長くおなかの中にいる方がいいと、考えを打ち消していました。
 それが365分の1の確率。ぴったり合ったので、もう舞い上がりました。娘は最悪と、のたまわったのですが……。
 えにし深い「葵ちゃん」、バァバはうれしくて、うれしくて。3歳違いのお姉ちゃんは、葵ちゃんがかわいくてかわいくて、しかたがないのです。でも、やきもちで、それはそれはあらっぽく葵をあつかうのね。
 娘よ、最高の親孝行をしてくれたね。葵ちゃん、生まれてきてくれて、ありがとう。