2015年8月1日
「さきちゃんへ」
さきちゃんのお母さん
 あなたがこの世に生まれてきてくれたのは、昨年の12月。予定日より3週間も早く、驚きました。でもお母さんは内心、その日に生まれるのではと思っていたんだよ。それはお母さんが夢を見たから。
 10月中旬にお母さんは出産している夢を見ました。その分娩室には、カレンダーが張ってあったので、お母さんは夢を見たことをお父さんに話して、2人でカレンダーの日に生まれてくるかもと何度も話していたんだよ。
 そして本当にあなたはその日に生まれてきました。お母さんは、さきちゃんが自分で生まれたい日を決めて、心配性なお母さんに事前に知らせてくれたのだと思っています。
 あなたは今、5カ月のかわいい赤ちゃん。言葉がわかるようになった時に、この夢の話をあなたに伝えることを、今から楽しみにしています。
 その時にあなたはどんな反応するのかな?
 あなたとの暮らしは、毎日新たな発見がいっぱいです。こんな幸せな気持ちにさせてくれてありがとう。あなたはいつまでもお父さんとお母さんの宝物だよ。