2015年3月21日
「あなたが生まれてくるまで」
ひなたのお母さん
 日向(ひなた)が生まれてもう6年。春から小学生ですね。日向が生まれてくるまで、どんな道のりだったかを知っていてほしい。
 結婚する前から名前は日向に決めていました。いつもポカポカ温かい心を持っていてほしい。誰かの日向になってほしい。そう思っていました。でも、なかなか私たちのところに来てくれなかったね。辛そうなお母さんを見ておじいちゃんと、おばあちゃんが不妊治療にかける費用を援助してくれたんだよ。そのおかげで3回の体外授精の末、やっと日向が来てくれました。
 でも心拍を確認した次の日に切迫流産になり即入院。自分の意志とは無関係に子宮がけいれんしたあの感覚は、今でも忘れられないくらい怖かった。でも本当にがんばってくれたね! 9日間の入院後はつわりが3日。楽しい妊娠生活だったけど緊急帝王切開になって他の病院に転院したんだよ。
 点滴もつけたまま、パパの運転で先生たちと一緒に移動して、初めての病院で産むことになったけど、とにかく早く無事に生まれてほしくて必死。その時のパパやおばあちゃんたちも、もう何がなんだか分からないような状態で、今では笑い話です。
 誰に話してもびっくりされることばっかり起こったよ。今思うと怖いもん! 生まれるまで大変だった分、生まれてからは、本当に手がかからなくて、楽に育てさせてくれてるね。
 こんな風に皆の力を借りて、ドタバタの中(笑)生まれて来たことを覚えていてね。