2015年1月17日
「直歩ちゃんへ」
おばあちゃん
 直歩(なお)ちゃんがもうすぐ9カ月というときに、お母さんが急に1週間の入院をすることになりましたね。
 それまで、お母さんとベッタリの生活、完全母乳という日々だったので、おばあちゃんは、ミルクは飲むだろうか、お母さんの姿が見えなくて泣いてばかりになるのではないか、などすごく心配しましたよ。それでも、とにかくお父さんと協力して頑張ろうと思いました。
 幸い直歩ちゃんはミルクを飲み、元気一杯の日々で、お見舞いに行った病院で母乳を飲ませてもらうこともでき、おばあちゃんはホッとしました。お母さんも最短コースで退院することができたこともうれしかったです。
 直歩ちゃんをだっこして病院に行ったり、買い物したりの日々は「できるかな」という不安がありましたが、実際に体験してみると楽しいことでしたよ。直歩ちゃんと2人の時間を過ごして、おばあちゃんは決心したことがあります。それは、おばあちゃんはズーッと直歩ちゃんを守ってあげるということ。力は無いかもしれないけれど、どんなことがあってもズーッと直歩ちゃんの味方でいようと思ったことです。
 直歩ちゃん、名前のように元気にまっすぐ大きくなってね!