2014年12月20日
「初産」
あんこさん
 まさき、無事に生まれてくれてありがとう。  妊娠13週のとき、仕事も家庭も妊娠も頑張り過ぎて多量に出血。夜中の病院であなたの心臓がイソギンチャクのように、ドクンドクンドクンと動いているのを見て大泣きしました。
 妊娠20週のとき、ケーキを食べた私のおなかの中で、規則正しくトクントクントクンとしゃっくりをしました。うれしくて早くあなたに会いたいと思いました。するとあなたは、本当に私の中から出てこようとしました。急いでおなかをなでながらまだ待っててね、大きくなってでてきてね。何度もお願いをしました。あなたは、なんて素直な子供でしょう。私のおなかから出てこれないぐらい大きくなって予定日を過ぎ、結局妊娠41週と5日に生まれました。
 あなたの声を聞き、あなたを見たとき、目から知らぬ間にツツツーと涙が出てました。それから半年。どんぐり眼で私のおなかの上を自信満々ではいはいをするあなた。抱き上げるとギュッと私の首に巻きつく柔らかな腕。大きな自分の声を聞いて笑っているあなた。あなたが、いとおしくてたまりません。
 泣きあり、笑いあり、ズッコケ母ちゃんだけれど、素直なあなたを産んで幸せです。