2014年11月1日
「生まれてきてくれてありがとう」
渡部ゆかりさん
 あなたがおなかにいることが分かる少し前、ママは夢を見ました。小さな子がマンションから出てくるパパとママを遠くから見ていて、「2人の子どもに生まれることを、すごく幸せだと思う子にもうすぐ会えるんだよ」ってニコニコしているの。その夢を見た2週間後に、あなたがおなかにいることが分かりました。とっても不思議だったけど、あの子はきっとあなただったんだと思っています。
 2カ月前、ママは初産だったにもかかわらず、あなたは4時間という早さで生まれてきてくれました。まるで「こんな狭いところから早く出るんだ! 生きるんだ!」という強い意思が伝わってくるかのように。そして生まれた初日からおっぱいを片時も離さず飲んでいて、うまく飲めないときの泣き声は人一倍。そんなあなたは何ごとにもせっかちで、食べることに貪欲で、生きるエネルギーがあふれている、あなたのパパによく似ているの。今もおっぱいをくわえたままスヤスヤ眠るあなたを見て、プッと吹き出しながらママは幸せを感じています。
 あなたが生まれてきてくれて、自分の世界がとても鮮やかになってきたと感じています。忙しい毎日に追われて、いつの間にか生きる喜びや未来への希望を忘れかけてしまっていたけれど、何もかもがキラキラしていた小さいころを取り戻すように、あなたがそれを思い出させてくれています。
 まーくん、ママのところに生まれてきてくれてありがとう。大好きだよ。